スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<特養老人ホーム>入居待機者42万1259人 厚労省集計(毎日新聞)

 厚生労働省は22日、特別養護老人ホーム(特養)の入居待機者数を42万1259人と発表した。前回調査(06年3月集計)の約38万5000人と比べて約3万6000人増えた。前回は一部で人数を重複集計していたが、今回は重複を除外するよう調査しており、初めて実態に近い人数が明らかになった。厚労省は「増加は高齢化が進んだことや、施設整備が計画通り進まないなどが要因で、深刻な状況」とみている。

 08年4月以降に都道府県が実施した調査を集計した。待機者のうち、在宅の人は19万8677人(47%)。他の介護施設などに入居する「在宅でない人」は22万2582人(53%)。在宅の待機者のうち入居が急がれる要介護4、5の人は計6万7339人(16%)に上った。

 要介護度別では、要介護3が11万372人で最も多く、次いで要介護4が9万9806人、要介護5が7万8719人だった。

 厚労省によると、前回調査は重複のほか、要介護1に満たない人なども一部で含まれていた。こうした人を除外した今回は精度が上がり、同省は「より全体像(実態)に近くなった」としている。

 特養の待機者は、地価が高く介護の人材も集めにくいため施設整備が進まない大都市部で多い傾向がある。しかし、一部の都道府県が在宅者や重度の対象者しか報告していないなど「データがばらつきがある」として、同省は都道府県別の人数は公表を見送った。【佐藤浩】

【関連ニュース】
介護:厚労省で就職面接会…538人が来場
社説:雇用対策 介護起業のすすめ
介護就職面接会:538人が来場--厚労省
役立つ住宅情報:24時間対応介護支援充実 ランドネクサス「ネクサスコート青葉台」
津久見医師会:廃校を介護施設に 旧久保泊小で5月開所 /大分

Phillisのブログ
My First JUGEM!
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化
ライブチャット
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。